リフォームで解決!

大切なポイント

キッチンリフォームをしようと思う場合には、何から手を付けたらいいでしょうか。まずは、価格を比較できる材料を入手する必要があります。知り合いの業者さんがいる場合は、見積もりに来てもらうことが出来るでしょう。 同時に、自分でも価格の相場をしるために、キッチンリフォームを扱っている業者の展示場を見に行くことが出来ます。この作業をなるべく快適に済ませるには、自宅の台所の状況を下調べしておく必要があります。台所の各部分の寸法を測っておきます。またキッチンリフォームをする際の方向性を考えておく必要があるのです。寸法と方向性が分かっていれば、展示場でも比較的短い時間で話を具体的に詰めることができ、スムーズに話が進みます。

キッチンリフォームを扱っている展示場では、いくつかの価格帯の商品が並んでいます。大まかに言って3種類の価格帯があります。 一つは、必要最低限の機能に絞り込んだ低価格帯のものです。このタイプのもので、カタログ価格で約40万円からの価格です。もう一つは、標準的な装備を盛り込んだタイプで、価格はカタログ上で70万円程度になります。もう一つは、高機能を売りにした高価格タイプで、価格は100万を超えるものになります。 これらの価格は、すべてカタログ上の値段になります。実際には、工事業者さんが仕入れる段階で値下げがあるので、キッチン本体の支払価格は下がります。本体価格の他に、業者さんの工事にかかる費用が別途必要です。