リフォームで解決!

品質向上のための清掃

現在は以前に比べ食の安全性に関心が高まっています。食品関連で国内生産であれば、それだけで安心感が増す風潮なのです。実際に国内にある食品関連の工場は清潔に保たれています。しかし意外と見落とされるのが空調関連で、適度にダクト清掃を実施している工場は実際には少ないのです。 国内生産だから高価になっても売れる訳でも無く、そこに競争が発生しコスト削減を強いられる事が要因なのです。製品の品質管理には注意しても、工場内の環境まで手が回らないのです。ダクト清掃は特殊な清掃でそれなりに費用も時間もかかります。でもダクト清掃で得られるきれいな空気は、品質にかなりの貢献をしているのです。コストを総合的に考えれば、ダクト清掃はむしろ安い品質向上の為の行為ともいえるのです。

一口にダクト清掃といっても業者によってやり方や清掃時間、価格が異なってきます。工業地帯にある工場なら「横の」つながりで業者の情報は押さえたいところです。工場はその数だけ構造が異なり、当然空調システムも異なります。ダクト清掃の価格も複数存在すると考えるべきです。 簡易的なダクト清掃だと早く安く済みます。定期的にやるなら一番良い方法です。でも梅雨の時期や降雪時期は湿気も多く、カビの危険性があります。清掃に加え殺菌までやるダクト清掃で、これを解消すると安心です。 問題はダクト清掃自体をやった事が無い工場です。恐らく長年の生産活動で出た汚れ、菌などがびっしり付着しています。これをきれいにするダクト清掃を依頼すると結構高くなるかもしれませんが、ダクト自体を取り換えるよりはるかに安価で済むのです。